ページ

2013年1月31日木曜日

やさしかった、うちの奥さん

うちの奥さんは、とても人から慕われるんですよ。

もう辞めたけど、昔の職場の先輩後輩とか、子供の保育園のお母さん方とか、なんせ好かれる。

かざらない人柄、いつも自然体なんですよね。


20代の前半から付き合って結婚したんだけど、その頃から、いつも夢のような話ばかりするオイラに、「目の前の事を一つずつ、しっかり、やっていこう」って言ってた。

未来の話ばかりのオイラに、現実の大切さを教えてくれていたんだよね。

でもオイラは「今ばっかり見てたらダメ、もっと先を見ないと」みたいな事言って、何も先なんて見えちゃいなかった。

夢物語を語る、おバカさんだった。

その頃はそれで良かったのかもしれない。
でも、いつまでも成長しなかったオイラ。

結婚しても、子供が出来ても、「未来未来」。

未来っていつ?

あの頃、語った「未来」が、今、この現実。

そう、もう「未来」に来たんだよ。

どうだい?未来は?

あの頃のオイラに会ったら殴ってやる!

いや、現在のオイラの方が最悪だよね。
逆に殴られる。

今から、自分が作り上げてしまった「未来」という名の「現実」と闘い続けないといけない。
逃げてばっかりではいけない。


やさしかった奥さんも、いまは文句ばっかり。

そういう風にしてしまったのもオイラ。

頑張れば、元に戻るのかな?

戻るといいな。

あした天気にな~れ。



貧乏ブログランキング  借金ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

現在、コメント機能は停止しております

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。