ページ

2013年2月16日土曜日

こころのねっこにな~れ

今日は保育園の発表会でした。
娘は年長さんなので、卒園前という事で出番も多く、見どころ満載でした。

劇でも、なかなか良い役をもらっていました。
劇の内容を書いてしまうと、ご近所さんにバレバレになってしまうので省略です。

「こころのねっこ」という、なかなか良い歌を歌っていました。

 はじめてのであい はじめてのなかま
 はじめてしった たくさんのこと
 ここですごした まいにちが
 みんなのこころの ねっこになれ

お母さん方は号泣。

うちの奥さんも例に漏れず号泣。
っていうよりも、真っ先に泣いておりました・・・。

客席から見ると、まだまだ小さいと思っていた娘も、シッカリしたなあ~と驚きました。
娘は、結構リーダー的存在なのだそうです。

さすがに、お父さんで泣いている人はいなかったけれど、オイラはちょっとやばかった。
以前なら、こんなことで泣くなんてことは考えられなかったけれど、最近はちょっと涙腺がユルユルなので・・・。

そう、今感じる全てが、この子の「こころのねっこ」になっていくんだな、と思うと、家庭が、家族が、父ちゃんがグラグラしてちゃいかんな、と。

「娘も頑張ってるんやな~」


発表会の話、娘の話で久々に奥さんと穏やかに話しました。
お互い、うっかり普通にしゃべってしまっているって感じでしたけどね。

「マルちゃん正麺」みたいな感じかな?

なんのこっちゃ。



貧乏ブログランキング  借金ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿

現在、コメント機能は停止しております

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。