ページ

2013年4月11日木曜日

低所得者の生き方

最近、奥さんは職安に通っています。

その中で無料の職業訓練で勉強をするコースがあるのですが、低所得者には月々10万円の給付金が出るというものがあります。

無料なうえに月々給付金が出るのです。
介護の資格が中心のようですが、他にもいろいろあります。
そんな資格で就職できるのか?といったものもあります。

受講希望者の収入、同居者全員の収入が基準になるのですが、窓口で相談してみると、収入の証明を持ってきて下さいと言われたようです。

基準以下の所得だという事を証明するために持って行くのですが、本人が月8万円、世帯が月25万円が基準のようです。
世帯で年300万円以下ということになります。

この基準をどう考えるかは人それぞれですが、ハッキリ言って、うちなんかは余裕でクリアです。

所得の証明(確定申告書など)を持っていったのですが、逆に「これで、どうやって生活をしているのか」と疑われるような金額です。
でも、本当なのだから仕方ありません。
ウソをつくまでもないのです。

生活保護を勧められるレベルですが、持ち家、車、援助してくれる人がいるなど、生活保護は無理なのです。
ボロ家、ボロ車でもダメなのです。
おそらく、家、車が無くても、親族に援助できないかと連絡が入ったら、援助してくれるという人がいると思います。
「生活保護をもらうぐらいなら、助けてやる」という人がいるだろう、ということです。
現に助けてもらいながら、今まで生きてきているし、そういうのが嫌いな親族が多いということもあります。

早くに父を亡くし、まだ兄弟全員が学生だった時に、母は生活保護を貰っていたそうです。
しかし、一番上の兄弟が高校を卒業し、就職したのを機に、生活保護を断りました。
逆に、係の人から「ほんとうに大丈夫なのか?」と何度も聞かれ、継続を勧められたそうですが、断ったのだそうです。
当時は現在のように口座に振り込まれるのではなく、期日に公民館などに取りに行くという形だったそうです。
母はそれが「嫌で嫌でたまらなかった」と言っていました。

生活保護の基準も少し甘いと思いますが、他にも、その制度を知っているか知らないかで、違ってくるものがいろいろあります。
ほとんどのものが、こちらから申請しないといけないというものなので、知らない人は知らないままというものです。

うちなどは、えらそうに言えたものでも無く、生活保護をもらっていないだけで、その他の減免などは、いろいろと申請しています。
以前やっていた仕事から、そういう情報は知っている事が多いのです。って、どういう仕事やねん?って感じですが。

国民健康保険の減免
減免されているのに滞納していて、先日、市の人が家に来てしまったのですが、連絡をして6月以降から滞納分を分割納付するという事になっています。
これも、当てがあるわけではなく、「6月までになんとかしよう」と思っているというだけなのですが・・・。

国民年金の免除
全額免除された場合、2分の1の年金受給額となります。
前10年は追納が可能ですので、いずれ追いつきたいとも思っていますが、なかなか難しいです。

就学援助
小学生、中学生の学校に納める学用品費、給食費などの援助が受けられます。

水道料金の減免
これも、月1500円程度(自治体によって違う)だと思いますが、申請しています。

あと、生活福祉資金貸付制度(総合支援資金など)という、低所得者世帯などが低利息(保証人がいれば無利息)で借りられる制度もありますが、これは利用していませんし、今後も利用することはないでしょう。
これは社会福祉協議会というところが窓口となっています。

と、生活保護を貰っていないだけで、まったくのダメダメ国民なのです。
普通に生活されている方々、すいません。
何かに頼りっぱなしの人生、もうこりごりなのですが・・・。

いずれ復活し、税金もバンバン納めてやるぞ!
って、その前に家族の生活を立て直すのが先決ですね。

低所得で苦しんでいる方で上記のような制度を知らない方、参考にしてみてください。
低所得だからこそ利用できる制度もいろいろあります。
でも、結局は収入を上げていかないと楽にはなりませんね。

最後に奥さんへ
「いろいろ面倒かけてごめんなさい」

関連ページ:現状を淡々と書いてみる



貧乏ブログランキング  借金ブログランキング

4 件のコメント:

  1. 少しずつ良い方向に向かっておられるようですね。
    頑張って下さい。
    きっと素敵な未来が待っていますよ。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      しかし、それほど変わってはいないのです。

      あまり泣き言ばかり書くのもどうかと思って書いているのですが、そのうちまた弱ってくるかもしれません。

      削除
  2. 参考になりました。

    返信削除
    返信
    1. それは良かったです。
      ありがとうございます。

      削除

現在、コメント機能は停止しております

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。